ちっちゃな姉妹のおでかけポシェット 〜女の子〜

 スーツのリメイクオーダー。
「もう着なくなっちゃったんだけど、何か形で残しておきたくって…。」
その気持ちわかるわぁ
愛着のあるものはなんとか残しておきたいよね。
ということで、ママのスーツをちちゃな姉妹のポシェットへ変身〜


ピンク大好き〜!な姉妹
おもちゃとかキラキラシールとか…。
きっと宝物入れにもなると思うの。
お揃いにしたいんだけど、間違って持ってっちゃったりしたらそれもまた困りもの。
ではでは、ひと目でパパッとわかるように、違う生地を合わせよう。
ちっちゃな姉妹のおでかけポシェット

桜色とヴィンテージピンクでね。
スーツの雰囲気に合わせて、どちらも優しい色合いを。
スーツをリメイクしたおでかけポシェット

おかぁさんのスーツをリメイクしたお出かけポシェット2

「ジャケットのボタンもどこかに残して欲しいな。」
のママリクエストあり。
ではでは、クルクルボタンはポケットのフタへ。
ちょこんとね。


短い持ち手にチェンジもできるようにしとこ。
ピンクのおでかけポシェット
これでポーチ仕様もOK〜
大きくなったらメイクグッズ入れ?



「希望の形があるの」
「姉妹・兄弟でお揃いのデザインが欲しい」
「お気に入りだったからなんか形にしておきたい」
などなど。
オーダー製作ご希望の方はこちらまでお問い合わせくださいね

 


肩フリルワンピース リメイクバージョン

2歳の娘ちゃん用に。
と、2年前に 肩フリルワンピースをオーダーしてくれたお客様。
そう!2年前っ
「そのままノースリーブとしての他に、ハイネックやTシャツと合わせたりして4シーズン着るお気に入りなの
とたっくさん着てもらえているようで。
ワタシ嬉し〜っ

本人がまだまだ着たがっているのだけれど、さすがに脇の下がきつくなってきちゃって、腕を上げるとワンピも一緒にフワっと上がり…
てことなので。
リメイク開始〜

脇の下を開いてカットカット
こうしたら袖ぐりに幅が出てきつくなくなるからね
キッズワンピース
「できたら丈も伸ばして欲しいな…」
と。
では、ターコイズのチビチビドットでギャザーをヒラヒラ〜
と丈伸ばし。


娘ちゃんが喜んでくれて、シアワセ〜
また活躍ワンピちゃんになってくれるといいな。




「希望の形があるの」
「姉妹でお揃いできないかな」
などなど。
オーダー製作ご希望の方はこちらまでお問い合わせくださいね




ジーンズのポケット

ワタシの息子。
チビのころからジーンズをはかせることが多くその姿を息子も気に入っているらしい
別にデニムのこだわりがあるわけではなく丈夫で合わせやすいから…
が理由なんだけど

どうもスタッズを付けたりバックスタイルが賑やかなものが好み。
シンプルなもので何も手を加えていないと必ず
「何かして。これじゃおかしい!」
と言う。
何かって…
別におかしかないだろ
とりあえずポケット外してみたけれど…。
もういいや。
簡単にレインボーテープつけてカシメておこう。
リメイクジーンズポケット


「ずいぶんシンプルだねぇ…」
ってオイッ。







 

パンツのリメイク

「幅はOKなんだけど丈がすっかりつんつるてんでさぁ…。伸ばして〜」
とな。
つんつるてんって

ガンガン背が伸びている娘ちゃんのロングズボン。
5センチくらいは足したい!
ってことでポケットのアクセント生地と似たような色。
生地入れの中探してみた。
よかった。
あった

面積が広くてちょいと唐突か
のっぺらい?
んじゃ幅広コットンレース乗せて。
完了だ。

再び活躍のズボン〜
これもリメイクってことで





リメイクショルダーポシェットvol.2

以前のリメイクショルダーポシェット、ワタシの好きな感じにリメイクして調子よく使っていただよ。
がぁ!しかし!!
ファスナーが壊れてしまった
なんだよぉ

チーって閉めようとチップ動かすとチーって開く。
何回往復したってチーって開くんだよ。

ダメでしょ
いつも開いちゃったらさ…。


ファスナー付け替えるのもなぁ
気分がのらないんだよぉ。
だからといってこのままぱっかり開いちゃうのも困るし。
お財布や携帯入れるしさ。
やっぱり何か落ち着かないから…

真ん中止めとくことにした。

付け替えたショルダーと同じ革に穴開けて。
カシメで止めつけたら、開閉はギボシにしようっと


リメイクショルダー2







一件落着





「ちょこっと替えられたらもっと好きになると思うんだけど」
「生地や柄は気に入ってるから他の物に作り替え出来ないかな?」
などなど。
リメイク製作依頼はこちらまでお問い合わせくださいね







リメイクショルダーポシェット

 リメイクした!!
って言える程のことでもないんだが

雑貨屋さんで一目惚れした配色のポシェット

どこか民芸品のおみやげ物屋さんに売っていそうな感じ。
実際そういうところの物かも知れないケド。


だけどね。
ショルダーのヒモが好きじゃない
残念
しかーも!おちびなワタシでも半端に短くて斜めがけもしにくい長さのヒモ。
だが肩かけにしちゃぁ長いのよ。

・・・で、ヒモの付け替え決定〜



リメイクショルダーポーチ1



          




リメイクショルダーポーチ2

ついていた丸ロープは、はずして。
革のショルダーに変更。
Dカンでつないでカシメを打つ
ポンポンはずらして付け直しておこう。

ふむ。
好きな感じダ




「ちょこっと替えられたらもっと好きになると思うんだけど」
「生地や柄は気に入ってるから他の物に作り替え出来ないかな?」
などなど。
リメイク製作依頼はこちらまでお問い合わせください




復活!革コートの裏地

 革コートの裏地をはりかえました。

大事に着ていても、どうしても裏地は薄いし体とこすれるので消耗してきてしまう。
擦れて穴があいてしまっていたので、裏地部分を全てはずして少し厚めの裏地に総とりかえ。

今回はメンズ。
内側に玉縁ポケットあり。
ポケット口には表の革が使用されていてしっかりしてる。
せっかくなのでこの口部は再利用して、破れてしまった袋はとりかえよう。
袋は、物を入れると力がかかるからスレキと裏地で二重にして丈夫に作りかえ

ボタンホールもほどけてしまったところは、手かがりで補修。

はずした釦を元に戻したら完成!

きれいになったヮ〜




生き返ったぁ!!リメイク革コート

 「これなんだけど・・・」
って友達が取り出したのは 暖かそうなショートコート。
シープボアで軽くって ホントあったかいしとっても気持ちが良い。
「だけどさ、無理でしょ。今時このデザイン
あぁ確かに・・・・・。
とっても とっても申し訳ないが 本人が言うように時代を語ってしまっている。
「分厚い肩パットが入った服を下に着たのよ。その昔は」
はい。そんな感じデス。
肩も後ろもブカブカデス。
袖も妙に巾きかせ。
こんな小柄な人がホントに着てたのか?


「でもさぁ〜すごく暖かいから直るなら着たいのよ。
どうにかならない??」

すごく良く手入れがされていて 革自体のコンディションもとっても良い。
これはホントなんとかしたい。
むしろ やらせてっ


革は 針の穴があいてしまうから縫い直しがきかないし
まち針もここでは役立たず
仮止めで袖の形を作っては、自分の腕にはめてみたり また開いたり。
ボディは長いこと ばらばらにされた袖と共にベスト状態で着せられていたな。
あげく 「どーなりたい?」なんてワタシの独り言にもつき合わされ。


やっとこどーにかコンパクトに作りかえて、もうひとつ時代を語っていた主の 釦を付け替えてみたら・・・・
やったね! 変わりましたよ。
こりゃワタシも欲しいゾ!!
だって ホント暖かいのよ。

「バッチリだよ〜生き返った!また 冬に大活躍!」
と言ってくれた友よ。
着てる姿を見かけると すっごくすっごく嬉しいよっ
やってよかったなぁ〜

幸せ。








1

Concept

ヨーロッパの街を歩いているとシックで何気ないのにお洒落な人を良く見かけます。
それは女性に限らず、男性の方やご老人まで。
ヨーロッパに街は建物も看板も色もお洒落なものがたくさんあります。きっと幼少時から研ぎすまされているんでしょうね。
itachinocoでは「何気ないものだけどかわいらしく、そして遊び心も忘れずに」 と言うもの作りを目指しています。
こんなものを作りたいけど時間や技術がない。何となくイメージはあるけどどこから手をつけたら良いか分からない。そんな方もご相談ください。

スマートフォン

selected entries

categories

archives

About

links

オーダー依頼
ショップ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

search this site.

others

mobile

qrcode